知っておきたい----あれこれ
他市の活動事例

 

なぜ、社協が取り組むのか

現在、鵠沼地区社会福祉協議会は、いつ起きても不思議ではない大震災に備えて災害ボランティアセンターの体制づくりを進めています。大震災は、人的被害、建物被害だけでなく、地域住民の生活が強く脅かされ、日常生活は一瞬にしてガラリと変わってしまいます。この大震災は、究極の福祉活動をもたらすと言われ、福祉の一端を担う社会福祉協議会の活動が全国的に進められています鵠沼地区社会福祉協議会(以下「地区社協」という)は、次の3つの特性を踏まえて、この活動に取り組んでいます

① 鵠沼地区の土地勘、地域の事情を熟知している組織であること地域外からの多くのボランティアは、鵠沼地区の「地理」や「鵠沼の地域性」の理解が不十分な場合があります。ボランティアの力を十分に発揮いただくためには、土地勘、地域性がわかる地区社協が間に入り、ボランティアと被災地をつなぐ必要があります

② 地元の情報や行政の情報が入ってくる組織であること被災地では状況が刻一刻と変化し、常に最新の情報が必要になります。災害情報(避難施設の情報、アクセス情報、ライフライン状況、避難勧告区域情報等)を把握し、被災地の要望に応えるには、行政機関や自治会、民生委員、ボランティアなどとの情報のネットワークを持っていることが必要です

③ 一時的でなく継続性を持つ組織であること被災者支援は、災害発生初期の復旧的な支援のみで終わるものではなく、その後も被災者の生活支援へと継続して行う必要があるため、長期間にわたり支援を続けることができる組織でなければなりません。地区社協は、地域に密着して継続的な支援を行うことができますこの様な特性を活かし、地区社協として災害ボランティアセンターづくりを進め、イザという時に備えていきます

 

震度と揺れ
復興地ボランティア向け装備のチェックリスト